旅に出るまで

別の場所でも書き続けている話なのですが、僕は大学卒業後、数か月間インドをバックパッキングで旅した経験があります。その時のエピソードをこのブログにも転載していこうと思います。

学生時代、僕は山口大学で考古学を専攻していたのですが、自分が妄想していたようなロマンティックな学問とはほど遠く、卒業後は考古学関係の道に進もうとは全く思わず、当時クラブの後輩と付き合っていたこともあり、ズルズルとバイトをしながら山口のボロアパートに居座っていました。


ちょうどバブルが弾けて1、2年後の時期でした。就職活動など全くする気はなく、ただただ普通の社会人になるのが嫌で、かと言ってやりたいことが見つかるわけでもなく、何とも言えない宙ぶらりんな気持ちで何か月も過ごしていました。

しかし夏になる頃、僕とのだらだらした関係に嫌気がさした彼女から別れを告げられることになります。

まあ彼女の理想の男性像は”白馬に乗ったケビンコスナー似の公務員"という非現実的なものだったので、いずれにしても振られる結果になったと思いますがね。

とは言え情けないことに、僕の心の痛みはなかなかに激しく、このままバイトを続けながら山口に住み続けることは到底出来そうもなかったのでした。この心の痛みをなんとか紛らわさねばと考えた僕は、当時から興味を持っていたインドに行くことにしたのでした。海外初体験で無謀にも。

塾の講師と家庭教師のバイトを強引に辞め(親が倒れたとウソをついた。)、苦しい気持ちを抱えながらあちこちから資金をかき集め、何とか10月に出発できる算段となったのでした。

とにかく大雑把にパキスタンとの国境付近の砂漠とか、チベット方面とか、プーナにあるヨガやら瞑想やらを教えるアシュラム(道場みたいな意味)やらに行ってみようと計画していました。時間だけはあるので後はあっちに着いてから考えよう!と”地球の歩き方”を片手にまずは東京に向かいました。

東京には友人が住んでいたので1週間ほど居候させてもらい、1993年10月のある日、成田発のエアインディアで僕はインドに向かったのでした。6カ月のオープンチケットだったので、最長6カ月は滞在出来る算段でした。若い時分特有の根拠のない楽観主義で、インドに行けば悟りでも開いて人生観がひっくり返って、新たな道が開けるだろう。別に日本に二度と戻れなくても構わない。。。などと馬鹿な思いを抱きつつ。。。


Recent Posts